教員の新卒採用が増えている ☆1★

一昔前は教員への道は大変狭いものでした。受験する校種では採用がゼロという年もあったほどです。つまり、新卒採用者がゼロだった世代があったのです。よって、教員を志したものの新卒採用がなかったために、違う道に進む人も多かったのです。年数が経ち、今は教員において新卒採用者が増えてきています。これは大量採用されていた今の60歳代や50歳代後半に教員が定年退職によって大量に退職し始めたからです。つい最近までは教育現場は50歳代の教員ばかりだったのですが、今は20歳代の若い教員も増えてきています。新卒採用の教員が増えたことによって、学校の若返りができ活気が出てくるのですが、ベテランの教員が大量に退職することによって経験の継承をどのようにするのかが課題の一つになっています。教員の世界は経験がものをいう世界なので、経験の継承はとても大切です。一方で極端に少ない世代が40歳代です。

ちょっとしたバーでくつろぎませんか?

デリヘル ホテヘル 大阪